• ホーム
  • ヘルペスの具体的な症状とセルフチェック

ヘルペスの具体的な症状とセルフチェック

薬を差し出す人

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスとよばれるウイルスに感染したことによって起こる病気で、症状には共通したものももちろんあるものの、重いものから軽いものまでさまざまなです。
ヘルペスの基本的な症状としては、小さな水ぶくれのようなできものができるというもので、ウイルスの種類によって、くちびるやその周辺、または性器やその周辺といった、患部の違いがみられます。

ヘルペスの薬としては、ドラッグストアなどでも薬剤師の説明があれば購入できるものがありますので、セルフチェックをして市販薬で対応するままでよいのか、それとも皮膚科などの専門医にかかって治療したほうがよいのかを判断するのがよいでしょう。

セルフチェックの第一としては、今回のようなヘルペスの症状がはじめて発症したかどうかというのがあります。
これは、ヘルペスウイルスにはじめて感染した場合には、単に水ぶくれだけでは済まず、高熱やはげしい痛みといった症状をともない重症化することがあるためです。
市販薬で対応できないと思ったら、迷わずに病院にかかるのが賢明です。

セルフチェックで水ぶくれがきわめて大きい、頭痛があるといった症状が適合した場合も要注意で、同様に重症になる可能性があるため、様子を見て専門医にかかったほうがよいでしょう。

また、実はヘルペスというのはいったん治ってもウイルスがそのまま体内に残り、再発しやすいという特徴があるため、以前にも同じような薬を使ったことがあって、アレルギーの症状がみられた場合には、やはり医師の診察を受けて、薬の処方についても検討してもらったほうがよいといえます。
これも以前と同様のアレルギー症状が出る可能性があるからです。

通販で治療薬を購入する方法もあります。
例えばヘルペスの治療によく使われるゾビラックスはこちらの通販で購入も可能となっています。
特に薬の通販オンラインは発送も早い業者ですので、ヘルペスが頻発する方は事前に購入しておくのもよいでしょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索